• >
  • 診療内容

診療内容

一般歯科

小児歯科

お子様の治療では、緊急を要する場合を除き、まずは【はいしゃさん】に慣れていただくことから始めます。

無理に治療をすすめ歯医者が怖くなって、その結果虫歯が増えてしまった・・・

そのようなことを避けるため、最初はお子様と仲良くなることから始めたいと思います。

ご家族の方もお子様をたくさん褒めてあげてください!

「歯医者さんに来れたね!」「いすに上手に座れたね!」「大きな口を開けれたね!」

小さな自信が未来の健康なお口につながります。

回数がかかるかもしれませんが、子供たちの〈歯を大事にする気持ち〉を育てていきたいと思います。

口腔外科

・親知らず

親知らずは全て抜かなければならない、という訳ではありません。しっかり生えて機能しているものや、逆に完全に骨の中に埋まっていて問題ないものはそのままにしておいても大丈夫な場合もあります。しかし、虫歯になっているものや半分だけ頭が出ているもの、今までに何度も痛みや腫れを繰り返しているものは抜歯した方が良いと考えます。

・歯の移植

奥歯の虫歯が大きくなりどうしても抜歯が必要となった場合、健康な親知らずが残っていればそれを移植する方法があります。適応条件があるため全ての症例に対応できるわけではありませんが、保険適応の治療ですのでお気軽にご相談ください。

・外傷

部活やスポーツ、転倒などで顎をぶつけて歯が抜けたり、顎の痛みが取れないときはすぐにご連絡ください。CT装置で検査し当院で対応可能なものは緊急に処置をおこないます。重症の場合は大学病院と連携を取り、速やかに対応します。

・腫瘍

口の中の粘膜(舌、歯茎、頬)の口内炎や腫れが中々治らない時はご相談ください。腫瘍の可能性について診査し、早期発見に努めます。

スポーツ歯科

スポーツや部活の際に歯を守るスポーツマウスガードの作成をしております。

スポーツマウスガードの第一の目的は、お口の怪我を予防したり軽減する事です。また、マウスガード装着による安心感が及ぼす効果も期待できます。第二は、脳震盪の予防です。

マウスガードの外傷予防効果は、1989年に米国の中・高生アメリカンフットボール選手2470名に対する調査結果に代表されています。それは、マウスガードをしていない選手の口の外傷発生率は約50%、それに対して、マウスガード装着選手の外傷発生率は5%以下の結果でした。

当院では様々なデザインのマウスガードの作成を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

ホームホワイトニング

ホワイトニングとは、ブラッシングなどでは除去できない歯の内部に取り込まれた色素を、医療機器のホワイトニングジェルで分解・除去し、歯を白くする方法です。

ホームホワイトニングとは、歯科医院で作成したマウストレーを使用し、ご自宅でご自身で行っていただく方法です。ホワイトニングジェルを注入したマウストレーを1日2時間装着し、この処置を約2週間継続してホワイトニングをおこないます。

© はだ歯科医院 SIGN ver.0.1.1 All Rights Reserved.